【14】福島空港-郡山

雨音が聞こえ時計を見ると4時半。とても寒い。寝袋に鼻だけ出し再就寝。起きると6時半。雨は降っていない。レーダーを見ても夜まで雨はこなさそうだ。早々にテントを撤収し、タイヤの空気を入れ8時にキャンプ場を後にする。

 

近くに福島空港がある。旅の準備段階で空港を回るという今考えると謎な計画を立て却下した。せっかく近くまで来たので寄る。緩く長い坂を登り終え、景色が開ける。自転車を止めると横には科学特捜隊のジェットビートルが。f:id:RSSHAKE:20210417200749j:image

特撮で有名な円谷英二の出身地はここ須賀川。彼の幼少の頃の憧れは操縦士だったようだ。

福島空港は朝から夜までの定時間の運用だが、10年前の震災時には24時間開港し物資供給の拠点として活躍していた。今の何十倍もの航空機が離着陸し、制限区画も一部開放して対応に当たっていたそうだ。

f:id:RSSHAKE:20210417220511j:image

 

私が来た10時ごろはちょうど航空機が来ない時間だった。フロアを見て周る。ウルトラマンの常設展示で遊ぶ子供たちがいた。子供にとってヒーローとでっかい機械と会えるこの場所は楽しい場所に違いない。

f:id:RSSHAKE:20210417213054j:imagef:id:RSSHAKE:20210417213223j:imagef:id:RSSHAKE:20210417213236j:image

 

雨雲はまだ福島には来ない。できれば郡山まで行きたい。国道4号を走る。この国道は東京中央区から青森市まで続く長い道だ。

須賀川市街地に入り、チェーン店が並ぶ国道に定食屋さんが目に入る。通過するも気になる。こういう時には絶対行ってしまう。

f:id:RSSHAKE:20210417220022j:image

鳥の唐揚げ定食。唐揚げにキャベツと水菜、両端にはマヨネーズとカラシが。ご飯は普通の茶碗2杯分はある。味噌汁と添え物のきゅうりの漬物。あとはバヤリースのオレンジ瓶。料理は基本撮らないので写真はありません。

美味い。美味いですと店主さんと奥様と思われる人に話したいけどコロナだから黙食。女性の人がすごく丁寧だ。定食を机に持ってきてくれる時も他のお客さんのお会計をしている時も。見ているこちらの箸が止まる。会計をして店を出る時、「行ってらっしゃいませ」と言われた。確か他の人には「ありがとうございました」だったはず。恐らく中から自転車を置く私の姿が見えるからそれで気づいたのかどうかはわからないけど、店を出る時まで驚きがあった定食屋は久しぶり。これが勘違いだったら非常に恥ずかしい。

 

郡山につき、3日ぶりに銭湯に入り、荷物を送り食材を買い、いよいよ雨雲が通りそうなので、今日は快活へ。

 

明日も無事であります様、気をつけます。

f:id:RSSHAKE:20210418044038j:imagef:id:RSSHAKE:20210418044043j:image

 

【13】母畑レイクサイドセンター

休憩室での夜明け、ここまで眠りが浅いのは久しぶりだ。

 

走行距離が600kmを超えたので、自転車の整備をしたいし、整理したい荷物もある。

ということで平田より南西にある母畑(ボバタ)レイクサイドセンターでテント泊をする。

 

洗濯を済ませ出発。上りの連続。朝食を食べていないせいか力が入らない。13kmとは思えない長さ。途中山鶏滝というスポットがあったが坂と疲弊でパス。

10時頃到着。宿泊受付は午後からなのにOKしてくれた職員まじありがとう。

 

さっさとテントを張り、いざ取り掛かろうとするも眠気が...晴れ間も見えてきたので12時ごろまで仮眠を取る。

 

昼飯を食い、いざ整備。

スプロケットとチェーンリングの汚れが溜まっている。昨日チェーンに油を差したばかりだが全て清掃。キャリアのボルトに砂が溜まっている。こんなところまで砂が飛んでくるのかとびっくり。全て外し、砂を拭いてグリスを塗り直して取り付け。変速も全段異常はなさそう。リムの振れもなさそうだが、ブレーキシューが当たるとこが汚い...雨の日に走行するとここもこんなに汚くなるのか。

フレームを拭き、整備を終了。とりあえず青森までこの整備を定期的に行ってゆこう。

 

実家に送る荷物をまとめ、一通りやる事が終了。センター周辺を見て回る。

キャンプ場奥から入れる遊歩道から母畑湖の一部を眺められるが、木がたくさんありよく見えない。

スケート場、グラウンド、体育館もありこれからの季節色々な事が行われるのだろう。レストランは閉店していた。

f:id:RSSHAKE:20210417181755j:imagef:id:RSSHAKE:20210417181806j:imagef:id:RSSHAKE:20210417181810j:image

 

夜になり一気に気温が下がる。東北はまだ寒い。

明日は全国で雨予報が出ているが、ここら辺はどうなるだろう。朝から雨が降っているようならばもう一泊、そうでないならば進めるとこまで進もう。夜中洗面所へ行く途中、鋭い三日月が数分見えた。寒い。

 

明日も無事であります様、気をつけます。

f:id:RSSHAKE:20210417181824j:image

 

【12】平田へ峠越え

雲ひとつない快晴。今日は峠を越える。

携帯のセットアップをするために昨夜は快活へ。テント持っていく意味ないんじゃないの。アホなの自分。

朝6時半に出発し、昨日雨宿りした東屋に本の栞を落としていため回収。中学の頃に友人からもらった物なので落したことに気づけてほんとよかった。

 

いよいよ国道49号を登る。この道はいわきから新潟市まで続く。ダンプやトラックの交通量がとても多い。

f:id:RSSHAKE:20210416064020j:image

チェーンがキリキリ鳴り始めた。昨日雨の中走行して油が切れてしまったのか。コンビニへ立ち寄りチェーンの清掃と注油を行う。

 

桜の花がまだ咲いてる。脇見に注意しながら、路側帯が狭くなるのを繰り返す坂道を7時間かけて進む。

砂利、石、道路の穴、速度を出せば避けられない。

 

途中、三和町のふれあい市場に立ち寄る。おやきを1年ぶりにみた。超大好物おからの炒め物もあった。これが最高に美味くて腹持ちが良い。油揚げと鳥皮も入っている。

f:id:RSSHAKE:20210416065456j:image

道の駅ひらたに着いた。長かった。足が痛い。休憩室で座ると、とんでもない眠気が襲ってきた。

 

今夜は氷点下近くまで気温が下がる。このまま下りると確実に山中で凍え死ぬ。休憩室で今後の行程を考えながら、一晩過ごす。申し訳ない。

 

明日も無事であります様、気をつけます。

f:id:RSSHAKE:20210416071038j:image

f:id:RSSHAKE:20210416070142j:image

 

【11】いわき 雨ストップ

今日は国道49号を登って山を越える、昨日の予報では曇り時々雨。いざ宿を出ると雨。土砂降りの雨。ブレーキも効かない。

 

山越えは明日にする。

 

携帯のバッテリーがサービス表示になって2週間。充電表記の減りも早く、クラッシュも多い。これは後7ヶ月も持たんと判断。交換に出せないので新たなものを購入。携帯は片手親指で画面全体を操作できるサイズと決めていたのだが、この機会に抜けてみる。ということで超今更8+にした。X以降のベゼルレスは使いたいと思えない。あぁ出費。

 

いわき市はでかい。いわき駅周辺地域の人間は買い物に出るとしたら小名浜まで行くのだろうか。平野民にはキツすぎる。

 

明日も無事であります様、気をつけます。

【10】日立-いわき

日立を出たのは朝6時。

いつ小雨が降るかもわからんような曇り。

大洗より北の海側にはキャンプ場が全くない。野営か宿を取るしかない。とりあえず今日は福島には入りたい。

 

道中「野口雨情記念館」の看板を見た。全く知らない名前...ではないので入った。

職員さんが館の説明をしてくれた。この方、那須高原まで自転車で行ったことがあるそうだ。

童謡「七つの子」。志村けんが歌った鴉の勝手でしょでとても有名。野口雨情はこの歌の作詞をした人だ。前に篠笛で練習した事があり、作詞作曲を調べてた事があるから、頭に名前が引っかかったのだろう。彼は生涯に約2000曲の作詞をしたそうだ。

館内の展示も小さいスペースながら、雨情以外に北茨城の歴史や大震災で被害を被った五浦などの地域写真、近代芸術家についての展示がある。

入り口前の野口雨情像とシャボン玉の子供像2人には仕掛けがある。

f:id:RSSHAKE:20210414193027j:image

http://www.ujokinenkan.jp/index.html

 

館を後にし、近くに二ツ島という岩礁があるが小雨が降りと強風も吹く。カメラが壊れてしまうので撮影は諦め雨具を着て走る

 

やっと福島県いわき市に入る。初福島。荒れた海が見えてくる。国道6号は明らかに自転車が通るには危険すぎるので、いわき七浜海道というサイクリングロードを進む。勿来から久ノ浜まで53km。3月の下旬に全線開通した道らしい。サイクルラックが点在し、青い道路標示がわかりやすく走りやすい。小名浜までしか走っていないが、斜度のきつい坂があり、工場道路の道は広いが大型車も多いので気を抜くと危ない。ぜひ天気の良く風も強くない日に走りたかった。f:id:RSSHAKE:20210414193056j:image

http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1550456036416/index.html

 

アクアマリンふくしまとクソでかいイオンが見えてきたところで曲がり、県道26号を登りいわき駅のカプセルホテルへ。明日は山を超えたいが、どうなることやら...(天気予報は曇り時々雨)

 

明日も無事であります様、気をつけます。

f:id:RSSHAKE:20210414193102j:imagef:id:RSSHAKE:20210414193059j:image